HOME > 号外:東北関東大震災 > 原子力・原発関連情報

原子力・原子力発電(原発)関連情報サイト

原子力安全・保安院|他

 このホームページは、原子力施設立地地域で大規模災害等が発生した際に、地域住民をはじめとした国民の皆様に向け、迅速に情報提供を行うためのものです。

LinkIconhttp://kinkyu.nisa.go.jp/

 原子力施設立地地域にて大規模災害等が発生した際、原子力安全・保安院から、直接、原子力施設の状況やモニタリング情報などの緊急情報を、携帯電話にメールにてお知らせします。
 緊急情報メールサービスの配信登録を行う場合は、携帯電話でhttp://kinkyu.nisa.go.jp/m/にアクセスし、手続きを行ってください。

LinkIconhttp://kinkyu.nisa.go.jp/m/

放射線量の測定値

LinkIconhttp://www.city.kamakura.kanagawa.jp/fd-keibou/houshasen.html

文部科学省では、待避している住民や周辺住民の安全・安心の確保のため、モニタリングカーを用いて、福島第1発電所及び第2発電所周辺のモニタリングを実施し、随時情報提供しています。

LinkIconhttp://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303726.htm

公的機関・企業が設置する放射性物質モニタリングポストの測定結果を御覧いただけます。

LinkIconhttp://www.fujitv.co.jp/saigai/radiation_info.html

原子力・放射線

 独立行政法人放射線医学総合研究所(放医研)では、1957(昭和32)年の創立以来放射線と人々の健康に関わる総合的な研究開発に取り組む国内で唯一の研究機関として、放射線医学に関する科学技術水準の向上を目指して活動してきました。

LinkIconhttp://www.nirs.go.jp/information/info.php?i3

 福島第一原子力発電所2号機で爆発があり、周辺地域でも通常よりかなり高いレベルの放射線量が測定された。被曝(ひばく)から逃れ、身を守るにはどうしたらいいのか。専門家に聞いた。

LinkIconhttp://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201103150222.html

 放射線を出さないヨウ素を製剤化した安定ヨウ素剤を服用し、あらかじめ甲状腺を安定ヨウ素で満たしておく。その結果、放射性ヨウ素が体内に入り込んでも、甲状腺には蓄積せずに体外に排出されやすい。
 服用の効果を上げるには、服用のタイミングが重要だ。原子力安全委員会の指針では、服用対象者は40歳未満。
 忘れてはいけないのは、安定ヨウ素剤は被曝の万能薬ではないことだ。

LinkIconhttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110321-OYT1T00041.htm?from=rss&ref=rssad

原子力発電